相続・遺言・後見
HOME > 相続・遺言・後見

司法書士高橋昌裕事務所は、大切な家族を守るため、「争続」を未然に防ぐアドバイス、サポートをしています。

相続・遺言・成年後見の話をすると、誰もがいい顔をしないかもしれません。
自分が亡くなった時や認知症になった時のことを想像して準備する相続・遺言・成年後見についてあまり考えたくないのは、自然のことでしょう。しかし、相続は「争続」と言われるほど、残された家族が仲たがいし、決裂してしまうことが多くあります。この「争続」を未然に防ぐためにも、司法書士高橋昌裕事務所では、遺言に代表される各種相続の手続きをサポートしています。

相続

不動産の相続登記

不動産の相続登記は、亡くなった方(被相続人)の所有していた土地・建物・マンションなどの不動産の名義を相続人等の名義に変更する作業です。
相続による名義変更は、被相続人の出生から死亡までの戸籍等を取得したり、住民票、印鑑証明書、遺産分割協議書・遺言書など様々な書類が必要となります。当事務所ではこれらの必要書類の収集から名義変更まで相続に関する登記のお手伝いをしております。お気軽にご相談ください。

遺産分割

民法は各相続人の持分(法定持分)を定めていますが、相続人たちの間でこの法定持分とは異なる持分等を遺産分割協議をすることで定めることができます。遺産分割協議を行うことにより、各財産を具体的に誰が相続するなど決めることができます。(但し、被相続人が遺言で遺産分割を禁止した場合にはすることができません。)

遺産分割は相続放棄と異なり、いつまでにしなければならないといった時間的制限はありませんが、原則として相続人全員の協議で決定しなければなりません。この協議が整わなかったり、協議することが出来ない場合は、家庭裁判所に申立をして遺産分割を行うことになります。
当事務所では、遺産分割を円滑に進めるためのアドバイスやサポート等おこなっております。お困りの際には、お気軽にご相談ください。

遺言書作成

自分の死後、その財産を特定の人に相続させたい思うことがありませんか?
最近、遺言に注目が集まり、遺言書を作成したいと考える方が増えています。せっかく作成した遺言書に不備があったり、法律が定める手続きを踏まえていなかったりしたことでその効力を発揮させることができず、遺族の間で無用なトラブルが生じることも少なくありません。
あなたの意思を正しく、ご家族に伝えるためにも当事務所では遺言に関するアドバイス等のサポートをおこなっております。お気軽にご相談ください

成年後見

成年後見には、任意後見制度と法定後見制度の2種類があり、任意後見制度は、将来の自分をサポートしてくれる人や内容を事前に決めておく制度です。法定後見制度は、判断能力が十分でない場合に利用する制度で、その程度によって後見、保佐、補助に分けられています。
当事務所では、ご要望にそった書類の作成、後見開始審判の申立書など作成し、サポートいたします。